ブログトップ

身近にあるしあわせ

suikamama.exblog.jp

次女の夢

お風呂に入っているときに次女が

「キュリー夫人とかマザーテレサとかヘレンケラーみたいに本に載る人になりたいなあ。」

とつぶやきました。

確かに偉人伝をよく読んでいるけれど。^^;

「男の子ならベーブルースかな。スピード違反しても警察の人も見逃してくれたり、朝からワインとか飲んでたけど、ある人に注意されてがんばることにしたんだって。それでね指で示した方にホームランが打てるんだよ。すごいよね。」・・・いまいち、尊敬するポイントが不明確。

「でも、パパやママがいつ死んだとかどうやって調べるのかな?」
・・・巻末の偉人の年表作成?しかも勝手に殺すな。

「野口英世もやけどのことがのってるから、私のも載せなくちゃね。」
・・・彼のやけどは将来に大きく関係するから。

真剣に考える次女がとてもかわいらしく。
でも、面白くって大爆笑。^^
c0182096_5225690.jpg

夢は大きく・・・ね。
[PR]
# by suikamama126 | 2012-11-29 05:23 | こども

『もいちど あなたに あいたいな』

「もいちど」とか「あいたいな」というところにもう新井素子さんらしさが表れていますね。
c0182096_732547.jpg

久しぶりに素子作品を読んだのですが、相変わらずぐいぐい引き込まれました。
心の描き方が上手いのか、ただ単に私好みなのか。
読み始めたらもう止まらない。
そんなストーリー展開で。
悲しみがぐ~っと胸に押し寄せてきて、少し明るい気持ちで読み終えました。


あっという間に月日は流れてしまいましたが、初めて新井素子さんの本を読んだ頃の気持ちにひととき戻ることができました。



読書のお供に、リンゴのケーキ。
c0182096_73594.jpg

[PR]
# by suikamama126 | 2012-11-24 13:44 | ほん

『カラスの親指』

映画館の会員になって、まだ一月ほどなんですけど。
試写会のお知らせがあったので、とりあえず応募しておきました。
そうしたところ、なんとラッキーなことに当選したので、お友達を誘って行ってきました。

『カラスの親指』
c0182096_556442.jpg



阿部寛さんが主演ということで、どちらにしても見に行くつもりだったので、うれしかったですね。
ネタばれしてしまうと面白くなくなってしまいますので、内容については触れませんが。村上ショージさんが良い味出してました。すっごくどきどきして、びっくりして、最後はほっとするようなそんなお話です。
いつも映画を観ながらでも余計なことが頭をよぎる私ですが、今回は映画に釘付けって感じでした。

11/23(金)公開だそうです。


おまけ
画面が寂しいので、お富ちゃんを。
ちょっと仕事で富岡製糸場へいったので。^^
c0182096_6514076.jpg

[PR]
# by suikamama126 | 2012-11-17 06:53 | あそび

バザー・バザー・バザー

秋は子どもの行事の季節。

学校の運動会に続き、中学校の体育祭、文化祭(合唱)、地区の運動会にバザー、保育園もバザー、昔行ってた学童のこどもまつり。
毎週、忙しく過ぎていきます。


せっかくなので楽しんで。
c0182096_5453321.jpg

役員だったから、あまり買い物はできなかったけど。
長女の服を500円で購入。大人用のSサイズ。スリムな長女にぴったりでした。
化粧用コットンは小さめながら10円。

次女も張り切ってお手伝いしてくれました。
「はい、おいしいよ~。美味しいパンだよ~。早く来ないと売り切れちゃうよ~~~~。」

他のお母さんたちから褒めてもらって、テングになってました。^^;



お次は前に通っていた学童クラブのバザー
c0182096_5183777.jpg


ラストはこれまた通っていた保育園のバザー
c0182096_5185446.jpg


消耗品が多いのが主婦らしいですね。(笑)

子どもたちも少ないお小遣いをどうやって使おうか頭をひねったり、値切ったりしながら楽しんでいました。
開催する保護者の方は大変ですが(どれも係員を体験しているので、よく分かります。)、子どもたちにはよい買い物学習にもなるのではないかと思いました。


そうそう、これこれ保育園のからみもち
c0182096_5345780.jpg


これが超美味しいんです。
お父さんたちがついてくれたおもち。
1年に一度のお楽しみ。

長女も保育園のバザーに参加できて、先生方に「大きくなったね」と声をかけてもらってうれしそうでした。
何年たっても保育園の先生方は優しくて、ありがたいです。
[PR]
# by suikamama126 | 2012-11-14 05:45 | こども

肩の痛みと「宇宙人かも知れない」

肩を痛めて、もうどれくらい経つでしょうか?
自分でも忘れるくらい。
そんな症状がつづき、医者へ行ってもレントゲンでは何も異常はなく。
ちょっとした拍子で、息が止まるほどの痛みが走ることもあり
「あ~ん、何とかしてくれ!」
ということで、それまでとは違う整形外科へ行くことにしました。

c0182096_5272092.jpg
そこの先生はちょっと変わっていて、いきなり注射をするというには「え?」って思いましたけど。
注射は一応効いていて、だいぶ左腕も上がるようになってきました。

けど、「はい、注射は痛いよ~、痛くて気絶しちゃうかもね。」とか
「がんばろう!神戸」「え?知らないの?オリックスのイチローが・・・」とか
「はい、手が上がる?八代亜紀の雨雨ふれふれやって。両手でやるとインド人ね。」とか
看護士さんは慣れてるから「先生、そんな古い話は誰も分かりませんよ。」「こういう話は流しておいてください。」なんて言ってるし。
おかしいから、笑いをこらえていたら、痛くて泣いてると思われてしまいました。

注射が効いてるか?と聞かれたので「何となく効いてるような。」と答えたら「普通は、けっこう効いてるって、答えてくれるはずなのに~。」と言われました。看護士さんは「先生、腕が上がるようになったし、効いてるんですよ~」って持ち上げてましたけど。


先日は「電気かけるけど、体に金属は入ってないね。例えばペースメーカーとか脳動脈瘤の・・・・とか、実はUFOに連れ去られて体にチップ埋め込まれてるかもとか。」と言われたので
「・・・そう言う記憶はありませんけど。ときどき自分のことを宇宙人かなと思うときはあります。」と答えたら、「大変優秀な答えですね。才能があります。」と褒められました。


笑わせてばかりじゃなくて、早く治してくださいね、先生。
[PR]
# by suikamama126 | 2012-11-08 05:57 | その他