ブログトップ

身近にあるしあわせ

suikamama.exblog.jp

『藁の楯』

GW中、『藁の楯』をみました。
ちょっと怖そうだったのですが、キャストに惹かれまして。

c0182096_5264999.jpg
で、中味はというと、最初から最後まで息つく暇もないほど引き込まれました。それぞれが背負った何かと理性の間で揺れ動きながら進んでいくストーリーが、とても切なく苦しかったです。
それ故に最後のシーンが、一筋の光になりました。

何より、ストロベリーナイトで見事に牧田を演じてくれた大沢たかおさん。
原作のイメージを壊すことなく。
美しかったなあ。
今回の銘苅もよかったです。
感情を押し殺して静かに任務を全うする。
それが感情をむき出しにしたところ。
最後はまた。。。
全てが素晴らしすぎて。
もう1回見ても良いと、久しぶりに思えた映画でした。

それと、永山絢斗くんって、こんなに良い演技をするんだ~とびっくり。
テレビと映画ってやっぱり違いますね。
[PR]
by suikamama126 | 2013-05-06 08:20 | その他
<< 10歳 敷島浄水場のつつじ >>